大阪の団地の賃貸物件にはリノベーションされたものもある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昭和40年に大阪府が設立した特別法人、大阪府住宅供給公社が取り扱っている住宅は、大阪府内に約2万戸もあります。50年以上の歴史ある公社では、大阪府民が安心、安全に暮らせるように団地という形で住環境を整えています。物件の多くは先着順のため、定員になる前に申し込むことで確実に入居できます。
団地のリノベーション物件は数種類あります。2戸を1戸にしたニコイチや、女性にうれしいキッチンやバスなどの水回りの機能を充実させたL+DR、限られた空間でも快適に暮らせるよう設計されたリノベ45とリノベ55という多彩な物件があります。このように現在では、ライフスタイルやこだわりたいポイント別で、リノベーションされた団地を選べるようになっています。

団地の費用面でのメリットとは

団地は、民間で扱われる賃貸物件で発生するような諸費用が無いため、費用面でのメリットが多いのが特徴です。例えば、公社が所有、管理している物件ですので、仲介料はかかりません。大阪府が出資しているので、礼金もゼロです。更新料も発生しませんので、長く住み続けることで民間の賃貸に比べ費用面でのメリットも大きくなります。
退去時の費用は、負担区分表というものに基づいて明確に算出されるため、余計な費用は発生せず実費のみ支払えばOKです。きれいな状態で退去すれば、費用は抑えられます。
さらに公社指定の保証会社を利用すれば、保証人なしで契約でき、敷金、保証金は無料になります。
お友達紹介制度というものもあり、団地の入居者がお友達を紹介して入居してもらうことで1万円のギフトカードがもらえます。

費用面以外にもメリットが多い

団地には、費用面以外にも団地ならではのメリットがたくさんあります。公社が所有、管理する団地は単身者だけでなくファミリー世帯や、高齢者世帯の入居も受け入れています。団地やマンションなど幅広い形態の住宅を提供しており、選択肢が多いです。
管理も24時間対応で行われるため、深夜や早朝に何かトラブルがあったとしても対応してもらえます。
簡単なDIYができる団地の物件もあります。約12000戸がDIY可能の対象となっており、DIYを気軽に楽しみたい方に選ばれています。
2世帯が近くに入居しやすくなる近居応援制度や、高齢者や新婚、子育て世帯が対象の優先申込制度などの公社ならではの便利な制度もありますので、活用しましょう。

ピックアップ記事

賃料の安さがメリットの大阪リノベーション賃貸物件

リノベーションされた賃貸物件を選ぶ最大のメリットといえば、賃料が安いという点です。大阪でも築年数はある程度経っているけれど、建物の内部がピカピカにきれいになっている物件に安く住めるならその方がいいと、...